自分で治せる!?病院ナシ手術ナシで仮性包茎を治療する方法とは

包茎手術って、結構お金かかるよね…

包茎手術を受けるとき、真性やカントンであれば健康保険が適応されます。ところが仮性包茎であった場合は、どこのクリニックで受けても保険を使うことができません。なんと一般的な費用の相場は約20万円前後だと言われています。今すぐ何とかしたい反面、お財布からポンと何十万円も出せない金銭事情の男性も少なくはないでしょう。最近では格安で手術を行うクリニックも存在していますが、大切なムスコの手術にお金をケチるのも何だか怖いし…。そんな方へ朗報です!あなたの仮性包茎は、自宅でのケアで何とかできるのかもしれません。自宅ケアであればお財布へのダメージもゼロ!しかも今日からスタートが可能です。ここで紹介する仮性包茎の治療方法を、一皮向けた男へ変わるヒントにお役立てください。

仮性包茎の理由:その1「皮が余っている問題」

仮性包茎になる理由はシンプル。1つ目は“皮が余っている”ことと、そして2つ目は“サイズが短かすぎる”ことです。「そんなこと、見ればわかるよ!」と思われるかもしれません。しかし、サイズに対して皮が長すぎるから起こっているトラブルであることは、誰の目にも明らかな事実ですよね。この二つを解決させるためには、1.皮をなんとかすることと、2.サイズを大きくすることが必須だと言えるでしょう。まずは、余っている皮問題へのアプローチについてお話しします。オススメしたい方法は、仮性包茎の皮に“剥きグセ”を付ける方法として、数年前からネット上で注目を集めている《絆創膏》。まずはペニスの皮を完全に剥いて、亀頭の下に絆創膏を貼り、向けた状態をキープさせる…という、超簡単な改善策です。同じような仕組みでペニスの皮を剥くアイテムは存在していましたが、実は自宅にある絆創膏で代用できる!と口コミから広がったこの方法。若ければ若いほど高い効果が期待できると言われているので、まだ試していない方はぜひ早急に始めてみてはいかがでしょうか。

仮性包茎の理由:その2「サイズが短かすぎる」

サイズを大きくするなんて、それこそ手術が必要だ!と思われるかもしれません。しかし、個人レベルの努力でサイズアップを促すことは不可能ではないのです。まずは食生活を見直してください。低脂肪・高タンパクで、ビタミンやミネラルたっぷりの食卓を目指すことが、サイズアップへの第一歩となるでしょう。重要なのは、血行と代謝、成長ホルモン分泌の促進です。血行を促すL-シトルリン、成長ホルモンを活発にさせるL-トリプトファンなどを積極的に摂取し、代謝をアップさせる生姜やネギ、ニンニク、さらにお水をたくさん飲むように心がけてください。もちろん、普段の食事で摂取が難しければサプリメントでも構いません。また、睡眠も重要なポイントです。とくに夜の10時から2時までの4時間は、1日のなかでも成長ホルモンが最も盛んに分泌されるゴールデンタイム!“成長”と名がつくホルモンなだけに、サイズアップには欠かすことのできない存在です。「寝る子は育つ」といいますが、ペニスにも同じことが言えるようですね。

包茎の治療を効率よく進めるうえで、実績のある泌尿器科でカウンセリングを受けることや、より多くの患者の体験談に目を通すことがポイントとなります。