EMC試験って何?実はとっても重要なこと!

EMC試験ってなんぞや?

EMC試験をご存知でしょうか。EMCというのはElectro-Magnetic Compatibilityの略で日本語では電磁両立性と訳されています。これは簡単に言えば機械が電磁波によって誤作動しないかどうかを確かめる試験です。電磁波が電子機器を妨害する例としては例えばパソコンの近くにあるラジオから雑音が聞こえる、ということが挙げられます。パソコンから出ている電磁波がラジオの機能を妨害しているのです。

2種類のEMCがある?

ある電子機器の誤作動の原因となる妨害電磁波には2種類が存在します。ある電子機器そのものから発せられる電磁波と電子機器以外の要因(他の電子機器であったり自然界の電磁波の影響を指します)から発せられる電磁波です。その為EMC試験は2種類存在していて前者の影響を見るものをエミッション(EMI)、後者をイミュニティ(EMS)といいます。EMIは他の電子機器に与える影響、EMSは他の電子機器から受ける影響というわけですね。

EMCは何のためにあるのか

用途によってある電子機器が要求されるEMCは違います。多数の人の命に関わるような機械であれば誤作動が起きないよう厳しい基準を設ける必要がありますがラジオに雑音が入るというのはそれと比べたら安全なためそこまで基準を厳しくする必要はありませんからね。また、EMC試験は電子機器同士の干渉を防ぐという点での試験でもあるのですが電磁波が人体に悪影響を与えないようにというテストでもあります。EMC試験は人々の命を守っているといえる重要なものなのです。

EMC試験は電磁両立性試験ともいいます。電気機器などが妨害電磁波に対して、その機能や動作が阻害されないかを測定する体制試験のことです。